ディープダイビングスペシャリティ Deep-diving speciality(一般)


      コース内容 他団体のディープスペシャルティと違い、本格的な実践訓練コースです。
    2日コース 1日目:講義とプール実技  2日目:午前ボート、午後ボート

ディープダイビングを行うには下記の内容にて座学とトレーニングを受けなければなりません。

  座学
  プール  中性浮力、潜降と浮上、3〜6mの停止手順、緊急浮上法、フィンコントロール.

注意 
プールでの内容がクリアーしない場合は海洋の実習には参加出来ません。
OWでの基本事項、中性浮力の保持(BCと肺のコントロール)、フィンの使い方。

  海洋では40m以上の減圧停止の必要な潜水訓練として行います。

深い水深での浮上法と中途停止点での対処法.

ダイブコンピュータは補足に使うだけで、実際には別途ダイブテーブルに従います。

訓練の内容によつては60mまでの潜水訓練(適性の有る者のみ).

これ以外に講習修了者は1本目40m(又は60m)、2本目の40mから60mの訓練潜水コースに参加出来ます。

 

詳しい資料は差し上げることは出来ません。受講生のみとなります。

PROTECS JAPAN