阿多(阿田)美郷(和名抄では直見郷)                     ↓→ここから想像作図
今では幻となった値見郷は別の名を阿陀湊、阿多湊→どちらが先かは分からないが、
阿多見湊、阿多美へと変化しあたみ(熱海)へと変化して行く。


                                                     ↑      ↑       ↑
                      護岸石垣  石畳参道    小社(石畳広場)
集落には16軒以上の家屋が見える

   熱海の海底遺跡詳細海底図(東海大学海洋学部海洋資源学科根元教授提供)